JW-CAD入門:包絡コマンド

JW-CAD入門シリーズ、今回は「包絡」コマンドです。

線が重なっている部分を「いい感じ」で処理してくれる、他のCADではあまり見慣れないコマンドですが、使うととても便利なコマンドです。

動画を作成しました。

スポンサーリンク

手順を動画にしました。

【仕事と試験に役立つJW-CAD講座】とっても便利な包絡コマンド

よかったらチャンネル登録お願いします!

重なり合った線を処理する「包絡」

まずはコマンドの呼び出し方から。

編集ツールバーにある「」をクリックします。キーボードショートカットは「Q」です。

こんなときに包絡を使います。

以下のように交差した線の途中を抜きたいとき。壁の処理なんかに使えますね。

こんなときは「包絡」の出番です。

抜きたいところを範囲指定するように囲みます。上の例だと、左上を左クリック、右下を左クリックです。

こんな図形も包絡できます。

次は柱と壁の図面です。左が完成形。

とりあえず、基準線を元に矩形を置き、基準線を複線しました。

その後の処理は消去したり伸縮したりコーナーしたりと結構大変そうですよね。

こんなときは「包絡」コマンドで簡単に処理できます。左上の柱と壁が重なり合っているところを「包絡」してみます。

希望の形に処理することができます。

他のすべての柱と壁があるところも包絡してみましょう。

包絡は同じ線色同士、同じ線種同士で処理してくれるので、線色や線種が混在していても大丈夫です。

なお、包絡コマンドを呼び出した直後は「実線」のみが包絡対象です。「実線」以外の線種に対しても包絡したい場合は、画面上のコントロールバーに書かれている線種にチェックを付けてください。

 

包絡を使ったワザ

中間消去

今までの基本をマスターしたら、次は「中間消去」をやってみましょう。

「中間消去」は包絡する部分に交差する線が2本ある時、その間を消去して交差する線を包絡してくれる機能です。文字で書くとわかりにくいので、以下の画像をご覧ください。

まず、中心の基準線を使って2線コマンドで2線を引きます。このとき、線はつながっているとうまくいきません。それぞれの壁にまたがるように線を引きます。

次に包絡コマンドを実行します。このとき、始点は今まで同様左クリックですが、終点を指定するときに「Shiftキーを押しながら左クリック」します。

すると、垂直線の間が抜けて、なおかつ垂直線は水平線とそろって包絡されます。

範囲内消去

包絡コマンドで囲んだ部分をすべて消去することができます。これが「範囲内消去」です。

例えば、ハッチをかけたところに文字を書くとちょっと見づらいですよね。

こんなとき、文字の下にあるハッチ線を消すときに使えます。

始点はいつも通り左クリックで指定しますが、終点は右クリックで指定します。

そうすると包絡で選択した部分にある線を消すことができます。

ただしこの方法での右クリックは交点読み取りではないため、きちんと交点を指定して消去したいときには使えません。

包絡コマンドのまとめ

包絡コマンドを駆使して壁や柱の処理をすばやく!!

  • 編集ツールバーにある「」をクリック
  • キーボードショートカットは「Q
  • 包絡したい部分を範囲指定と同じ方法で左上を左クリック、右下を左クリック
  • 線種を指定するときはコントロールバーで!(標準は実線のみが選択されています)
  • 覚えておくと便利な包絡のワザ
    • 右下を指定するときにShiftキーを押しながら左クリックすると「中間消去」
    • 右下を指定するときに右クリックすると「範囲内消去」

コメント