JW-CAD入門:レイヤについて

JW-CAD入門シリーズ、今回はレイヤについて簡単に説明します。

レイヤとは

一般的なCADの図面は、レイヤと呼ばれる透明なシートが複数重なりあって1つの図面が構成されています。

JW-CADでは全部で256枚のレイヤがあり、それぞれに図形や文字、寸法などを書くことが出来ます。また、それぞれのレイヤを表示させたり非表示にしたり、編集不可にすることができます。

レイヤを切り替えることで、より編集や修正がしやすくなるメリットがあります。

レイヤの操作方法

スポンサーリンク

画面右(設定によります)に数字に丸印がついたボタンがあります。これがレイヤ番号を表しています。JW-CADの標準では0(ゼロ)からFまでの16枚のレイヤが使えるようになっています。

現在選択中のレイヤは赤丸になっています。また図面にデータがあるレイヤには横線が入っています。下の図ではレイヤ0(ゼロ)が選択中で、レイヤ0からレイヤ7までデータが入っています。

レイヤを変更するときは。変更したいレイヤ番号を右クリックします

以下の例ではレイヤ1に変更してみます。

レイヤの一覧を表示させたいときは、選択中のレイヤ番号(赤くなっている番号)を右クリックします。

※一覧に表示されたレイヤ番号をクリックするとレイヤ名を変更することが出来ます。

レイヤの状態を変更したいときは、変更したいレイヤ番号を左クリックします。左クリックする順に以下のように変化します。

  • 空白→レイヤ非表示
  • 丸が付いていない→レイヤ表示・編集不可
  • 丸が付いている→レイヤ表示・編集可

※選択中のレイヤ(赤丸のレイヤ)は常に表示・編集可の状態になっています。

レイヤを使い分けると、編集作業が格段にやりやすくなります。最初は面倒だと感じるかもしれませんが、レイヤを意識して図面を描くように心がけましょう。

コメント