Jw_cadで重なった線種を削除する方法

この記事は約2分で読めます。

CADで図面を書いていると、グリッド線や基準線(壁芯)などが重なる場合があります。

このときに特定の線だけを削除する方法です。レイヤを別にしている場合は、消したい線以外のレイヤを編集不可にすれば簡単にできるのですが、同じレイヤに書いている場合は、重なった線を選択することがかなりむずかしいです。

今回は、例として水平に引かれた一点鎖線を消してみます。

範囲を選択する

スポンサーリンク

まずは消したい線種が含まれている範囲を「範囲」コマンドで選択します。

囲みきれないほど長い線が含まれている場合は範囲を閉じるときに左ダブルクリックするか、範囲を選んだあとにその線を左クリックすることで選択することが出来ます。

属性選択する

スポンサーリンク

範囲を選択したら、コントロールバーにある「属性選択」ボタンを押します。

いろんな属性を選択するダイアログボックスが表示されます。

今回は一点鎖線を選択したいので「指定 線種 指定」にチェックを付けます。

すると、線種を選ぶ画面が表示されますので、消したい「一点鎖線1」を選択して「OK」ボタンをクリックします。

ひとつ前の画面に戻ってくるので「OK」ボタンをクリックします。

削除する

スポンサーリンク

これで選択範囲の一点鎖線1が選択された状態になります。

あとは削除コマンドで削除すればOKです。

※今回の画面では、範囲選択すれば消したい一点鎖線を選択できていますが、属性選択の例として掲載しています。

応用編

今回ご紹介した「属性選択」を「属性変更」と組み合わせることでさらに強力なコマンドになります。

例えば、別レイヤに書いてしまった壁芯を正しいレイヤに変更する、線色を間違えてしまったので一気に変更したい、などなど、作図の効率を一気にアップできます。

これらの方法は別ページでご紹介しています。

Jw_cadで属性選択と属性変更の合せ技で効率アップ!
前回の記事で属性選択について書きました。 今回は属性選択と属性変更をいっしょに使うことで、作図効率をアップさせる方法について書いてみます。 別レイヤに書いてしまった壁芯を正しいレイヤに変更する 気がつくと違うレイヤに書いてしま...

コメント

タイトルとURLをコピーしました