【建築CAD検定2級試験対策】試験の傾向と対策をまとめてみた(2018年度版)

一般社団法人全国建築CAD連盟が実施している「建築CAD検定試験2級」についての記事です。ここでは2018年度版の試験の傾向と対策についてまとめてみました。

試験の概要を動画にまとめました

試験の概要を動画にまとめました。

時間配分なども説明しているのでぜひごらんください。

よかったらチャンネル登録お願いします!

建築CAD検定試験2級の出題内容

建築CAD検定試験2級は「一般建築図を作図できるCAD技術者」を想定した出題内容になっています。

試験では、

  • 自らの建築知識をもとに
  • 設計者から与えられた「図面のラフスケッチ」から
  • CADシステムで建築一般図を描く実力

が試されます。

試験で与えられる「平面図・屋根伏図・断面図・透視図」などが「設計者から与えられたラフスケッチ」にあたります。

これらの図面を見ながら

  • 平面詳細図 S=1/50
  • 南立面図 S=1/50

の2つの図面を5時間で書き上げるのが建築CAD検定試験2級の問題です。

ラフスケッチにあたる各図面はS=1/100スケールになっており、提出する図面はS=1/50で書きます。なので、与えられたS=1/100の図面よりもより詳細な図面を書く必要があります。

建築CAD検定試験2級の平面詳細図について

建築CAD検定試験2級で出題される「平面詳細図 S=1/50」は、ラフスケッチとして与えられる「S=1/100 平面図」を見ながら書きます。

S=1/100平面図では、壁は単線で書かれ、建具も簡略化されています。

これをS=1/50平面詳細図にする際には、壁は躯体線(構造体)と仕上げ線に書き分け、建具は内枠、サッシュ枠、框、ガラスなどを表現する必要があります。

与えられるラフスケッチの中に「平面詳細図の参考図(S=1/50)」があるので、ここに書かれているレベルの図面を書くことになります。

建築CAD検定試験2級の南立面図について

もう一つ書く図面が「南立面図 S=1/50」です。これは平面図、屋根伏図、断面図、透視図といったすべての図面を見ながら書きます。

一番難しいのが「屋根の高さ」です。建築CAD検定試験2級の南立面図は、東側あるいは西側に切妻屋根を書き、棟高を南立面図へ持ってきて書くというスキルが必要になります。

また、建具やバルコニーや手すり、土台水切、デッキといった要素も含まれているので、それらも忘れずに書いていきます。

建築CAD検定試験2級を解くための注意点

建築CAD検定試験2級では、この試験特有の部分がいくつかあります。これをきちんと理解して問題に取り組みましょう。

特有の部分と言っても、その情報は全て与えられた問題の中に書いてあります。

補足説明をよく読もう!

補足説明にはとても重要な内容が書かれています。過去5年間の問題では違いはありません。が、今後は変更になるかもしれないので、問題が配られたらまず補足説明を確認しましょう。

補足説明を動画にまとめました

補足説明のポイントを動画にまとめました。

よかったらチャンネル登録お願いします!

壁の書き方

補足説明には、

  • 壁厚は構造体厚を100mm、仕上げ厚を25mm(両面で50mm)とし合計150mmとする

と書いてあります。具体的には以下のように書きます。

なお、寸法は壁芯から測りますが、解答を提出する時は壁芯を非表示にする必要があります。

サッシュの書き方

普通は「サッシ」と呼ぶことの多い建具(アルミ製が多いのでアルミサッシ)ですが英語のスペルが「sash」なので「サッシュ」と発音するのが正解のようですが、「サッシ」が一般的になっちゃってますね。

ちょっと話が横にそれました・・・(^^;

補足説明には「サッシュはアルミ製とし、見込み寸法は100mmとする」とあります。見込み寸法とは、窓の奥行きの寸法のことです。

アルミ製なので、サッシュ枠やガラスなどをかき分ける必要があります。具体的には以下のようになります。

サッシュの幅と高さの測り方

このサッシュの測り方は色々とありますが、建築CAD検定試験2級では補足説明に「サッシュの幅と高さは躯体の開口寸法である」と明記されています。

つまり下記の図のように、サッシュの枠も含めた幅と高さがサッシュの寸法になります。

その他、詳しいサッシュの書き方は別記事にまとめ中です。

トイレの書き方

2017年の試験から、補足説明の中に

  • 便器は楕円だけでもよい

と書いてあります。なので、以下のように書いていればどれも正解です。

 

建築CAD検定試験2級の寸法指定のない部分の作図について

補足説明には

  • 各図面でサイズを指定していない部分は、適していると思われる位置/サイズで描くこと

とあります。

サイズに関しては、定規や三角スケールで測ることをお勧めします。問題の図面は1/100なので、通常の定規で測った長さを100倍すればいいです。例えば、1cmの長さだったら10mm×100で1000mmです。

サイズの書いていない建具や設備機器、ドアの位置やサイズは100mmまでのずれは許容範囲として認められています。

なお、試験問題の平面図は910mmグリッドモジュールになっています。建具の位置はその半分の455mm上に乗ることがほとんどです。

次は、具体的に平面詳細図や立面図の書き方について解説します。

平面詳細図の書き方

平面詳細図の書き方をまとめましたのでごらんください。

【建築CAD検定2級試験対策】平面詳細図の書き方
一般社団法人全国建築CAD連盟が実施している「建築CAD検定試験2級」についての記事です。ここでは平面詳細図の書き方についてまとめてみました。 動画編も作りましたのでご覧ください。 建築CAD検定試験2級の平面詳細図概要 建築...

南立面図の書き方

南立面図の書き方をまとめましたのでごらんください。

【建築CAD検定2級試験対策】南立面図の書き方
一般社団法人全国建築CAD連盟が実施している「建築CAD検定試験2級」についての記事です。ここでは南立面図の書き方についてまとめてみました。 動画編も作りましたのでご覧ください。 建築CAD検定試験2級の南立面図概要 建築CA...

コメント